日比 直樹

2018年10月入社

店長

「今日は何しようかな」毎日ワクワクしながら通勤できる会社

私の前職は美容関係の会社での事務職です。主な仕事は経理、税務、労務でした。お金を取り扱う仕事をしていたことから、社員や友人にお金について相談されることが多かったです。そんな日々が続くうちに「企業のお金を取り扱う仕事より、個人のお金の相談を受ける仕事をしてみたいな」と思うようになりました。これが今の仕事に転職をしようと思ったきっかけです。そういう仕事を探しているときに出会ったのがライフリンクスでした。

 

私はすぐに応募をしましたが、ひとつ気になっていたことがありました。「この仕事はお客さまよりも会社にとって都合のいいものを提案しなければいけないのかな」ライフリンクスに入社する前はこの仕事にそんなイメージを持っていました。そういう会社では仕事をしたくないと思っていたので、面接のときにこちらから質問をしました。「全然そんなことはないですよ。お客さまにとって一番いい提案を考えています」と答えていただき、ライフリンクスで仕事がしたいと思いました。採用していただき、実際に入社をしてみると、あのとき答えていただいたとおりの会社で、安心したのと同時に、これから待っている未来にとてもワクワクしたのを、今でも覚えています。

 

入社してまず驚いたのが、入社後の手厚い研修です。経理をしていた私からすると「新入社員にこんなコストをかけて大丈夫なのか?笑」と感じるほど研修は手厚いものでした。それくらいお客さまと向き合うことに本気の会社なんだ。そう感じることができました。研修中は日増しにお客さまの相談を受けたいという思いが強くなっていきました。

 

実際にお客さまの対応デビューをして、お客さまの相談を受けてみると、自分がイメージしていたものよりもはるかに難しかったことを覚えています。私のデビューはうまくいったとはとても言えないものでした。しかし、その相談会が終わるとすぐに先輩や店長、社長まで一緒になって相談会のフィードバックをしてくれました。「こんな環境で仕事ができるなら、自分自身どんどん成長できて、お客さまの役にも立てて最高じゃん!」と感じたことをよく覚えています。本当にこの会社に入社してよかったと思った瞬間でした。

私自身がこの仕事で一番やりがいを感じているのが、お客さまに「ありがとう」を言っていただけることです。お客さまのことを考えるほど自分の成長につながり、自分の成長でまたありがとうをいただける。自分の成長が誰かの喜びに繋がるなんて、本当に最高だなって思います。「今日はあのお客さまのために、こんな準備をしよう」なんて考えて毎日ワクワクして通勤できる。こんな仕事につけて本当に幸せだなと思っています。お客さまの人生に関わる仕事なので責任が大きい分やりがいを感じることができます。会社の仲間と一緒にお客さまのことを全力で考えることができる。そんな環境を作ってくれているライフリンクスが私は大好きです。

 

私にとって仕事とは楽しいものでなければいけないと思っています。起きている時間の半分は仕事をしているわけなので、仕事を楽しむことは人生の幸せに大きな影響を与えます。そして自分の周りの人へも影響を与えます。家族に「仕事大変じゃない?」と聞かれたときに、愚痴ばかり並べてしまうような仕事は、自分だけでなく周りの人からも幸せが逃げていってしまいます。私はライフリンクスで仕事をしていて、本当に幸せだなと胸を張って言えます。そういう環境を与えてくれるこの会社に感謝をしています。

 

今私は店長という立場で仕事をさせていただいています。お客さまのことだけでなく、一緒に働いている仲間にもいい影響を与えていく責任が増えました。通勤中のワクワクがまたひとつ多くなりました。仕事って本当に楽しくて、夢中になるほど人生が楽しくなること、それがお客さまの幸せも繋がっていくことを一緒に働く仲間に伝えていきたいと思っています。