小田 智太郎

2013年3月入社

店長

仕事によって、自分を育てている、つまり「人生をつくっている」と思える会社

私は今、働くこと=人生をつくることだと思いながら仕事をしています。

人生とは、自分に限界をつくらず、いつでも前向きに、昨日より今日!と自分を成長させていくことであると。

 

以前はそのようには考えていませんでした。前職は、資格の学校に勤務しており、宅建やFP、簿記などの資格取得を目指す方々の相談業務を行っていました。もちろんその仕事もやりがいはありました。自分が描く未来に向けてこれからスタートをしていく生徒さん達のサポートを行い、試験合格という夢を叶えた時に一緒に成功を喜べる仕事は楽しく感じていました。ただ、勤務経験が長くなり、社内のポジションが上がってくると、どうしても会社の立場である新規顧客獲得や売上を意識するようになってきます。その時の私には会社の理念とお客さまのメリットを一致させることはできませんでしたので、いつしかやりがいは感じられなくなっていたんだと思います。

 

そんなある日、たまたまマイホームの購入を機に、自分の保険を相談するために、ほけんの窓口を利用することがありました。もちろん自分が顧客として行ったのですが、そこでは自社商品を売り込もうという姿勢は全く感じられず、豊富な選択肢の中からお客さまが求めているものを素直に提供しているスタッフの方の姿に興味を持ってしまいました。何よりも、店舗のスタッフの方が楽しそうに生き生きと仕事をされているのを見て、「こんな仕事もあるんだ!」と感動しました。「自分もこんな働き方をしたい!」と、居ても立ってもいられなくなり、地元で活動している株式会社ライフリンクスの求人を見つけ、すぐに応募しました。

結果は「採用」。人生が変わる期待で、ワクワクする瞬間でした。

 

当時の弊社はまだ2店舗しかありませんでしたが、逆に自分が頑張れば、私が相談したあのお店の店長のように輝くお店を創るという責任者になるチャンスがあるんだ!と思えました。このように当初から目標を高く持つことができ、また入社時の同期の方には、大手の保険会社の管理職だった方もいて、新人研修から非常にモチベーションを高く取り組むことができました。

しかし会社はその私のモチベーションをさらに上回るように、突然チャンスをくれることになりました。まだ心の準備ができてない段階で、急に相談会のデビューに挑戦することになったのです。大変緊張しましたが、なんとか自分の持てる力の全てを出し切ってご対応することができたと思います。このような想いをする経験は、人生の中でもそう多くはないと思います。もちろん、当時の店長が隣にいてくれて、私が戸惑っているシーンではさりげなく適切にサポートしてくれたことも大きかったと思います。本当の管理職というのは、会社の都合ばかり見るようになるものではなく、より深くお客さまのことを理解するものだと感じ、私自身もさらに責任のある立場になりたいと強く思うことにつながりました。

 

この仕事について、仕事そのものの価値観が大きく変わりました。入社以前は、仕事とはあくまで生きていくための手段として考えており、「やらないといけない」ものという考えでした。仕事に何かを期待することもあまりなく、なるようにしかならない、という受け身の姿勢は自分の人生の責任を放棄しているようなものです。今は、仕事によって、自分を育てている、つまり「人生をつくっている」と思えるようになり、まさに自分の人生を生きているという実感があります。そう思えるようになった一番の大きな理由は、この仕事はお客さまが保険を通じて不安や悩みなどの問題を解決し、喜びと希望にあふれていただくこと、つまり「他者貢献」できることです。他者貢献こそが、働く醍醐味であると思っています。